よくあるご質問 プロフィール情報変更 会員向け情報はこちら
INTERVIEW

インタビュー

縁ある人を物心両面の幸福に導ける技術を体得している真の指導者「プロスピーカー」として生きる人物に焦点をあてた本コーナー。今回は農業×テクノロジーという分野で、業界の未来を創り続ける下村さんに、どこまでも挑戦し続ける志をいかに育んできたのか、お話いただきました。

地元の魅力を説明できない葛藤が始まり

プロスピーカーを目指したきっかけは、「成長したい」というシンプルな想いからでした。全国を営業で回るなかで、思い入れのある故郷の富山の魅力を聞かれてまったく答えられない自分が悔しかったのです。初めてアチーブメントの講座に足を運んでいた3日間の間に、勤めていたIT会社の倒産が決まり路頭に迷ったとき、「せっかくなら農業の役に立てる仕事がしたい」と起業するということを決めたのも、毎日苦労しながら農作業をする実家の家族を見ていたからでした。この地が好きで、仲間が好きで、もっとみんなを豊かにしたいと願いながらも、魅力を語れない自分を目の当たりにし、もっと成長したい、人に影響を与えられる力がほしいと心から思ったのです。おすすめをいただいて受講し始めた「プロスピーカー・トレーニング・プログラム」から、私の人生が大きく変わっていったのです。

影響力は磨き上げられるという確信

他人に対する影響力とは、アチーブメントピラミッドの一貫性システムから生まれていくことを『頂点への道』講座で学びますが、当初はその意味がよくわかりませんでした。そもそも理念を定めると言っても、言葉ではあげてみるものの、しっくりこないことが続いていたのです。しかし、プロスピーカーチャレンジをするなかで、地に足がつき、心の底から大切にしていきたい人生の土台が見つかった感覚がありました。理念に「感謝」という言葉がありますが、なぜこの言葉を選んだのかを指導いただいた先輩プロスピーカーに様々な角度から深掘りをしていただき、見つけていったのが「祖父」という存在でした。まさにプロスピーカーチャレンジ中に祖父が倒れ亡くなったきっかけがあり、自分が生まれ育ったルーツと改めて向き合ったのです。祖父はどんな気持ちでこの地で農業を営み、家族を守り、生きてきたのか。その過程で、担い手不足や不作、後継者不足など、たくさんの苦難があり、それでも絶対に家族を、家業を守り抜くと決めて、続けてきた。その祖父の想いを初めて真正面から受け取った機会でした。これだけ偉大な祖父がいたから、そして両親や家族がいたからこそ、私が今こうして生きている。そう思えば思うほど、「感謝」の想いが湧き上がってきたのです。私の人生は私だけのものではない、多くの方の想いを背負って生きているんだという自覚が湧いていったのです。だからこそ、絶対に成功していきたい、もっともっと多くの人を豊かにできる自分でありたい、そんな強い想いが湧き上がっていきました。
人生の目的とは、土台とはまさにこれのことです。この土台をいついかなるときも大切にして生きるからこそ、脳の外側の情報に影響を受けることなく、自分の選択を貫き続ける強さが手に入る。その一本の軸が通った生き方こそが、影響力の源なのです。

高まっていた自己概念 自然体で挑戦できる生き方に

それからは、日本の農業を変えるだけの力を持ち、業界を良くしていくんだと心に決め、この想いから逆算をして行動をしていきました。不安や恐れはもちろんありましたが、これまで以上に私を掻き立ててくれる強い原動力を手にした感覚で、無理せずとも前に向かい続けていくことができたのです。
多くの手作業が必要で、大変だった農作業を、私が得意としてきたITテクノロジーの力で簡易化し、効率を上げていける商品の開発に力を入れていきました。徐々に積み上がってきた実績と、利用者の声を商品への自信に変え、さらなる事業の拡大に挑戦していったのです。私たちの商品を普及することは、必ず業界を良くする。私がやらずして誰がやるんだ。そんな想いを胸に、農林水産省を訪問して仕組みの改定を提案したり、投資家の元を訪問して出資の依頼をしたり、これまでの自分では到底踏み出せなかったことにたくさんチャレンジすることができるようになっていったのです。おかげさまで、10年の歳月で売上も当初の20倍以上に成長し、取引先や協力者の数も段違いに増えました。確かな手応えを得られています。

「業界を良くしたい」に燃える生き方を貫く

ベーシックプロスピーカー合格以降、「JPSA農業部会」を仲間とともに立ち上げ、農業に従事される方々にこの学びを分かち合いともに発展していく活動に力を入れています。ここには、同じ農業でも違うジャンルの方がたくさんいらっしゃいます。そのリアルな現場の声を聞けば聞くほど、業界全体の課題が見えてきます。ますます、私たちの活動が求められていると心から思うのです。全国各地の業界の仲間を巻き込んだ講演会や各ジャンルの成功事例を分かち合う勉強会など、活動をしています。一つひとつは小さな一歩であったとしても、この情報に触れ、私のように人生が変わっていく方がいらっしゃること、そしてその先に文字通り業界の指導者として縁ある人を豊かにしていく存在が一人また一人と輩出されていくことを全力で目指しています。
初受講から10年経ちました。改めて振り返ったときに、確信をもって言えることがあります。それは、プロスピーカーチャレンジをしていなければ、これだけの挑戦に踏み切れなかったということです。誰しもが生まれてきた意味があります。その意味と向き合い、言語化していくのが目的を定めるというプロセスです。目的には私たちを突き動かし、人を巻き込み、事を成していく力があります。そしてその目的を明確化する最良の手段こそがプロスピーカーチャレンジであると実体験を持って思うのです。ぜひともに挑戦をしていきましょう。

志を持った活動が各種メディアにも取り上げられている
農業の未来を創り出す商品の普及に尽力している
CONTACTお問い合わせ

JPSAに興味をお持ちの⽅は、右記のお問い合わせフォームより問い合わせください。

call03-6858-3616受付時間:月~土曜日 10:30~17:00