よくあるご質問 会員向け情報はこちら

坂元 正三 (さかもと しょうぞう)

坂元鋼材株式会社 代表取締役社長
製造業・加工業
経営者
ベーシックプロスピーカー


プロフィール

1969年 大阪生まれ。実家は鋼材加工業を営む町工場。
      大阪府立大手前高校、同志社大学法学部政治学科、中国・吉林大学留学を経て
 1995年 時事通信社に入社、新聞記者として3年間の経験を積む。
 1998年 家業である坂元鋼材株式会社に入社。
 1999年 代表取締役社長に就任、現在に至る。

 「町工場の長男」として生を受けるも、学生時代よりジャーナリズムを志す。
 いったんは記者生活に入ったものの、父である先代社長が重病に陥ったのを機に家業に戻る。
 父の逝去により3代目社長に就任。
 手探りでの工場経営、悪戦苦闘、つかの間の成功、そして大きな挫折・・・。

 幾度となく降りかかる逆境の中から「経営の目的」を少しずつ探り当てる。
 「財務体質が強く、人の育つ良い企業」を目指して社員とともに奮闘している。
 人生目標は2051年、自身82歳の時に自社が「百年企業」となるのを見届けること。

 振り返れば「先代社長の急逝」「リーマンショック」という二つの大きな壁が最良の教師だった。

 座右の銘は「楽は苦の種 苦は楽の種」

 社員十数人の町工場を舞台に、経営の在り方、働く意味を模索しつづけている。

講演テーマ

講演テーマ

■ リーマンショックに感謝 =逆境からつかんだ目的目標=
(中小企業経営論)

■ BSから見えた過去・現在・未来 =逆境でつかんだ社長の本当の仕事=
(中小企業経営論)

■ 何のために働くのか?
(高校生のための仕事論)

ジャンル

人生経験・体験談/経営・起業/リーダーシップ/営業・セールス

主な実績

講演実績

■ 苦境の連続を乗り越えた鋼材加工業3代目社長の事業承継
   (大阪産業創造館・若手後継者のための勉強会)

■ 何のために働くのか? 
   (兵庫県下の高校3校、大阪府下の高校2校)

■ 何のために経営するか 何のために生きるのか (私の人材育成、組織論)
海外経営者が日本の事業承継を学ぶ「なにわあきんど塾 INTERNATIONAL」にて

家業を絶対に存続させる

メディア掲載・出版実績

Bplatz press 2012年10月号
(大阪産業創造館)http://bplatz.sansokan.jp/archives/233

講師料目安

講演料
お問い合わせください
研修費
お問い合わせください

他のプロスピーカーをさがす

キーワード検索
CONTACTお問い合わせ

JPSAに興味をお持ちの⽅は、右記のお問い合わせフォームより問い合わせください。

call03-6858-3616受付時間:月~土曜日 10:30~17:00