COLUMN コラム・インタビュー COLUMN コラム・インタビュー

【八木 エミリー】プロスピーカーという生き方

JPSA認定プロスピーカー八木 エミリーが、プロスピーカーになるまでの軌跡と生き方を語るインタビューです。

目指す夢を応援し合える環境
JPSAでなければならない理由
八木 エミリー (やぎ えみりー)

投資家/独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)

愛知県出身。新卒時に野村證券に入社。新人時にして営業成績東海地方1位を獲得。最年少のセミナー講師に抜擢される。地元の過疎化を目の当たりにしたことをきっかけに不動産投資に興味を持ち、不動産投資を開始。現在では独立系ファイナンシャルアドバイザーとして資産活用のアドバイスを行うほか、ソフトバンクなど一部上場企業の社員向けセミナー講師としても活躍。メディア出演多数。またオンラインサロン「em会」を主宰し、金融知識の啓蒙に努める傍ら、地域活性事業や保育スクール事業、障がい児支援など活動の幅を広げている。東京駅に一番近いバイリンガルスクール「WONDER KIDS BILINGUAL PREP SCHOOL」オーナー。
著書に『今からはじめれば、よゆうで1億ためられます!』『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』『放置しておくだけでふつうにお金が増える投資術』がある。

「私には人を育てられない」
という思い込みからの脱却

初めて勤めた会社は、野村證券でした。飛び込み営業でとにかく結果を出そうと、毎日力尽きるまで働きました。お陰様で東海1位の結果まで出すことができました。そして、証券会社に勤めていただけあって、正しい投資をすれば豊かな人生を生きられることには心から納得しており、社会人になりたての頃から少しずつ積み立てをしていました。そうして、26歳のときに踏み出した一歩が不動産投資です。はじめは若い女性ということで全く相手にしてもらえませんでしたが、鍛えられてきた営業力をフルに活用して、少しずつ販売していただけるようになり、お陰様で『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』(ダイヤモンド社、2021年)という書籍を出せるまで実績を伸ばすことができました。正直なところ、生活にも仕事にも不満はありませんでした。そんななかで出会ったアチーブメント社でしたので、初めから『頂点への道』講座の受講はしていませんでした。数時間の講演会などに何度か触れるうちに、この学びは自分にとって価値があると思い、受講をスタートしたのが2017年でした。
3日間の初受講を経て真っ先に感じたのは、私がこれまで経験則でなんとなくうまくできていたことが、ここまで分かりやすく体系化されていることへの驚きでした。これまで、自分の達成にはとことんこだわり結果を出してきましたが、人を育てていくことや組織を持つことが得意ではなかったのです。そんな私にとっては、非常に価値ある情報に感じ、学び続けることを決意していたのです。

まずは差し出すこと
そうして仲間が増えていった

再受講するたびに、描く願望のスケールは大きくなっていきました。そして、自分の力だけでは到達し得ないことをも目指したいと本気で思うようになったのです。そうした大きな達成を果たしていくためには、パワーパートナーの力が必要であると講座では学びましたが、これまでは勝ち負けの価値観だけで構成された世界で生きてきたので、真の協力関係を築き上げるためにどうすればよいのか、ピンときていませんでした。結果は出せていましたが孤独だったのです。だからこそ、学び続け、プロスピーカーチャレンジをするなかで、一番取り組んだのはパワーパートナーを作るということでした。そのためにはまず自分から差し出す必要があると学び、できることから取り組んでいきました。最初は何も持っていないので差し出せるのは自分の時間です。誘いは断らない、相手が喜んでくれることには全力投球をする、手伝ってほしいと言われたことは率先して実行する、自分が持っている知識で役に立てることは何でも伝える。本当に小さなことから一歩ずつ始めました。これだけ尽くして、本当に意味があるのかと疑う気持ちが芽生えたときがなかったかといえば、そうではありませんでした。それでもやりきれたのは、前職時代に積み上げてきた達成へのこだわりが私を支えてくれたのだと思います。
気がつくと、周囲に私のことを理解してくれる存在が一人また一人と増えていきました。これまでは、私が目指す「地域を豊かにしたい」「世界平和を実現したい」などを話すと、鼻で笑われることが多かったのですが、こうしてできたパワーパートナーの方々は、皆さん全力で受け止めてくださいました。そして、その世界を実現したいと、力を貸してくれるようになっていったのです。

大切な家族の協力が
なにより私を支えている

仕事でのパワーパートナーはもちろんですが、それ以上と言ってもよいほど大切なのは家族であると思います。夫を始め、家族でもこの学びを分かち合い、ともに受講を進めています。同じ価値観を家族で共有し、家族が本当の意味でパワーパートナーとして繋がれることは、振り返るとなによりの財産であると私は思います。一番身近な存在が自分のことを理解し、100%協力してくれるからこそ、ビジネスにおいても本気でチャレンジできます。そんな状態をつくることができたのは、大切な家族とともに継続学習をし、学びを実践し続けてきたおかげであると、胸を張って言うことができます。

社会を見据えて生きる自分に

かつては夢を語る人に、どこか怯えていた私でしたが、JPSAの仲間とはその夢を本気で追求できます。いまは、新しい事業にも様々チャレンジさせていただいておりますが、力を貸してくれているのは言うまでもなくJPSAの仲間の皆さんです。自分だけが良ければいいという利己的な考え方ではなく、自分も周囲も社会も豊かにしていく利他的な考え方を持つ仲間同士だからこそ、本当に支え合うことができます。たとえ、傷ついたとしても、うまくいかないことが続いて心が折れそうになったとしても、この仲間に等身大で打ち明けると力になってくれます。そんな存在が私にとっては何よりの宝物です。地元地域を豊かにし、社会を豊かにし、縁ある全ての人の幸せに貢献していくこと。私が目指している理想の実現に向けて、これからも大切な家族と仲間とともに全力疾走をしていきます。

活動実績が注目され、多数のメディアに出演している
プロスピーカーとしての講演活動を全国各地で行っている

Page Top