COLUMN コラム・インタビュー COLUMN コラム・インタビュー

【崎本 正俊】投稿コラム

JPSA認定プロスピーカー崎本 正俊による投稿コラムです。

崎本 正俊(さきもと まさとし)

株式会社GrowUP 代表取締役

大学卒業後
大手損害保険会社の代理店研修生として入社
全国NO.1の実績で異例のスピードで独立
すべてが順調と思った時に家族の問題で一気にどん底へ
そこで自分の器を拡張するために学び、人生の目的と出会う

人生の目的は【豊かで幸せな人生を送るお手伝いをすること】
情熱的に面白くわかりやすくメッセージしています

父として

2012年10月24日更新

僕は子供が3人います。
だから父親なんです。
そう、当たり前の事。
だけど・・・、本当に理解していたと言えませんでした。

子供が出来たら父親。
でも、父親としての生き方を心からしていたかと言えば・・・。

女性は子供を産めば、一般的にはすぐにお母さんになると言われます。
確かに、自分で産んだから実感があると思います
でも、男性はどうでしょうか?
僕は実際にわかってなかったと思います。
だって産んでないしって思ってました。

そう、アチーブメントピラミッド(※1)と出会うまでは。

人生の目的を明確にし、大切な人を明確にして大切にする。
人生の土台となる価値観を固めてどんな自分になりたいか?
子供が大切って言っても、実際の行動は???
子供のためにどれだけの時間やお金を使ってるか???

仕事の時間を優先していたり、自分が疲れているからと子供との遊びを優先しなかったり、
遊びたい子供よりもおなかがすいてるから、すぐにご飯を食べたり。
などなど、ビックリするぐらいに子供よりも自分を優先していた。

でも、
理想の父親だったらどうだろう。
父としてあるべき姿ってどうだろう。
子供は父親に何を期待するのだろう。

自分で自分に聞いた時に答えはでる。
だけど・・・、
実践するかどうかは微妙。
そんな日々が続いてました。

でも、ステキなキッカケが僕を変化させました
そう、
子供が自閉症と診断され、予想外のことがビックリするほどおこったのです。

家に帰ったらものが飛んでくる毎日。
とにかくパニックになったらお店だろうが目の前のものを投げる。
暴れる、かむ。
などなど。

じゃあ全くわかってなかったのかと言えば嘘ですね。
何となくはわかってました。
でも受け入れられなかった。

どうしても認められなくて、認められなくて逃げてました。
幼稚園に入るのを断られたときはめちゃくちゃショックでした。
ピンチはチャンスというけれど、ピンチは大ピンチになった瞬間です。

だけど、
どうしたい?
本当はどうしたい?
自分の願望に正直になる瞬間です。
そして、愛を土台にあるがままを受け入れました。

そうです。
受け入れた時に全ては始まるのです。
そこから一気に自分が変わりました。

そう、
個人の自分が父親になったと思います。
いろんな事があります。
だけど、
今はめちゃくちゃ感謝してます。

今の自分は息子のおかげだと思ってます。
そうです。
本当はどうしたいのか?
家族の幸せの追求こそが自分の幸せ。
親の遺伝子で今の能力があり、家族がいるからがんばれます。

そう、
父としてどうあるべきかでなく、どうありたいか。
父親というのは一生です。いや、亡くなった後も父親です。

そうです。
一生変わらないものが父親です。

だからこそ、理想の父親として、どうありたいを考え、
大切な生き方の最も重要な部分に父親としての自分がはいりました。

どのように子供に接するかに関しては選択理論はかなり助かります
そうです、子供の上質世界(※2)に入る
そして、理想の父親像を自分の上質世界にいれれば、
理想の父親として子供に関わることができます。

何を言うかでなく、誰が言うか。
そして、何が伝わったのか。

自分がどうなりたいのかがわからないと言う人は、
理想の父親像、母親像を描いても良いかもしれません。

人生の土台を明確にする。
そして、最も身近な人を大切にする。
大切にするとは何かを明確にすることもお忘れなく

人生の土台を明確にすること。
そして、愛を土台に一貫性を持つこと。

日々のやるべきこと、やらなければならないことに追われていては気がつかなかった。
本当に大切な人を大切にする。
人生をかけて達成する大きな成功。
大切な人を大切にし続ける人生って最高です。
その為に成長するんです。
その為に学ぶんです。

学ぶことはどこでもできます。
子供からすごく教えてもらえます。
息子が大きく変わりました。
3度目の挑戦で幼稚園に行けました。
今、小学校の5年生です。
運動会も楽しみです。
友達も出来てます。
一緒に海に行ったり、一緒にご飯を食べたり、旅行に行ったり。
当たり前のことが当たり前でない。

すごく幸せです。

もちろん、いろんなことはありますが、それもうれしいです。
そして、娘も生まれ、また娘も生まれ。
ありがたいことです。

大切なことを大切にするだけで、幸せがあふれます。
幸せだから成功する、そしてさらに成功する。
人生一回きり。
だからどうしたいのか?
父としてどう生きたいのか?

子供に胸をはっていきてますか?
いつも自分に聞きます。
人生の土台を明確にすることを学んだおかげです
ありがとうございます。

※1アチーブメントピラミッド
アチーブメントピラミッドとは、「人生理念を土台に置き、人生ビジョンを描き、それらを実現するために
「いつまでに何を」という目標を設定し、計画、実践する」という、人生理念から日々の実践までに
一貫性を持たせる考え方のことである。
※2上質世界
上質世界とは、基本的欲求を満たすものが集められたイメージ世界のことである。このイメージの世界には、
例えば大好きな食べ物や一緒にいたい人、成し遂げたい成果や成績、自分の趣味や欲しい物、
大切にしている信条や哲学などが含まれる。

Page Top